オーダー出来る

スポーツの試合や、お店の宣伝などに使われている幕の事を横断幕といいます。
名前を見ても分かるように、横に長い長方形が一般的な形になっています。
これと似たような幕で言えば、懸垂幕という物があります。
こちらは、横断幕とは違い縦長の長方形になっているのが特徴です。

横断幕は旗の一種であり、古くから様々なシチュエーションで使用されてきました。
普通の旗とは違って手に持つ事はなく、壁に掲げて使用するのが横断幕の使い方です。
横断幕は、印刷業者に依頼する事で自由にデザインなどを決める事が出来ます。
この印刷を大判出力といって、一般的な印刷機では印刷出来ない物に対応している印刷技術の事です。
現在では、大判出力に対応している印刷業者が増えており、昔に比べて横断幕のオーダーメイドが容易になりました。
また、大判出力に特化した印刷業者も登場しているので、どんな大型の印刷物でも問題無く印刷する事が可能です。

大判出力で印刷する物は、基本的に外で使用する物が多い為、耐久性なども考えられたインクを使用しています。
また、印刷する素材もいくつかの種類から選択する事ができ、素材によってオーダーの費用が変わります。
デザインに関しても自分の考えたデザインを印刷する事も可能なので、完全オリジナルの横断幕を制作する事が出来ます。
もし、デザインが決まっていなくても、業者とデザインについて打ち合わせする事で、他には無い世界で一つだけのオリジナルを作り出す事が可能です。

OUT LINK

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし